[head_insert_code2]


卓上三脚 スマホ カメラ三脚

今回は、卓上三脚、スマホ、カメラ三脚をご紹介したいと思います。

卓上三脚には、耐荷重、高さ調整、縦構図が取れるか?など選択ポイントがいくつかあります。

また、割と見逃しがちですが、スマホの他にビデオカメラや一眼レフの様な少し大き目なカメラでも利用できる製品だといろいろ重宝します。

ご参考までに、一般的なカメラの重量をご紹介いたします。

 

カメラ 重量 必要な耐荷重
一眼レフカメラ(フルサイズ) 600g~1.5kg 1.2〜3kg
ミラーレスカメラ 300~700g 600g〜1.4kg
デジカメ(コンデジ) 300~400g 600〜800g
スマートフォン 150g前後 300g

 

また、デジカメ、ビデオカメラを利用するなら「雲台」付の物、スマホで使うなら、スマホホルダー付きの物を選ぶと良いと思います。角度調整や、高さ調整が簡単にでき、縦撮りも横撮りもできる製品を選ぶようにしましょう。

 

また、残念ながら、粗悪品が多いのも事実です。耐荷重に収まっているのにぐらついてしまう。バランスが悪く倒れてしまう。等といったケースを良く聞きます。レビュー記事を読むなどして、一般人の使用感なども確認していただき、購入いただいたほうが良いかと思います。

 

三脚の種類

オススメの卓上三脚のご紹介の前に、世の中にはどんな三脚があるのかを少し見てみましょう。もしかしたら、卓上三脚ではなく、別のタイプの三脚が用途にあっている。なんてこともあるかもしれません。

卓上三脚

その名のとおり卓上で使えるくらい小さな三脚です

料理の写真を撮ったり、アクセサリなど例えば、メルカリや、CookPad、ヤフオクなど自宅にあるものをサッと撮ってアップする。等の利用に便利です。

 

小型三脚

重さがおよそ1kg以下で、持ち運びに便利なタイプです。運動会や、発表会など、長時間撮影するときや、記念写真を撮る。等の用途に向いています。

 

中型・大型三脚

ある程度重量があり、剛性もあるタイプですので、長時間シャッターが必要な夜景や花火撮影などの夜間撮影、風の強い環境などで利用するのに便利です。大型の物は基本的にプロユースになります。また、カーボン製の三脚を利用すれば、同等効果で30%程度の軽量化が見込めます。

 

一脚

一脚という製品もあります。一脚は自立しませんので、手持ち撮影の補助の役割となります。スペースを取らないので、人ごみの中での撮影、また、サッカーなどのスポーツ撮影でも手持ち撮影が安定するので、お勧めです。

 

 

ですので、モバイルバッテリーは、少なくても上記の値以上、出来れば10,000mAh以上のものがあると安心です。実売やコストパフォーマンスを考えると、20,000mAh程度のものがおすすめです。

ただし、大容量化すれば、モバイルバッテリーのサイズも大型化されてしまうので、重くなります。ご自身の利用するデバイスとのバランスを考えて選びたいポイントです。

 

CHIHEISENN 卓上三脚 スマホ カメラ三脚

CHIHEISENN 卓上三脚 スマホ カメラ三脚のご紹介です。

卓上スマホカメラ三脚ですが、作りがしっかりしていて安定感があります。スマホとありますが、ビデオカメラやGoproなどのアクションカメラを取り付けて利用することも可能なくらいしっかりしています。雲台の角度調整の柔軟性はかなりの範囲で、設置場所の傾きや、狭いところなどでも撮影画角の確保に困ることは無いでしょう。

三脚の先のすべり止めゴムが良く出来ているので足を開ききらない、途中で止めて高さ調整することも可能で使い勝手がとても良いです。

 

 

商品情報

  • カメラ&スマホ対応 脚の長さ調整出来るミニ三脚 雲台:自由雲台 収納サイズ:20cm 展開サイズ:11.5cm~16.5cm 重量:210g 素材:アルミ合金、亜鉛合金、ABS 脚仕様:長さは5階段変更可能 開脚角度:2段階変更可能 耐荷重:最大2.5㎏まで ネジ仕様:1/4 セット内容:三脚1個、スマホホルダー1個(幅55~85㎜以内のスマホ対応可能)

 

  • 脚の一部のパーツは衝撃に強い、振動を吸収する高強度亜鉛合金も採用で、安定性&強度も十分 ボール部分と下の脚部分は分離できます、脚の部分はボトムグリップとしても使える 360度回転可能の自由雲台装備、可動部がボール状でネジを緩めることにより自由にカメラの位置を固定できます、センター位置を変えずにタテ.ヨコ撮影可能

 

  • 脚を折りたたむことにより自撮り棒のような使い方もあり、コンサート、ライブ会、パーティなど混雑した場所も撮影可能なエリアになる ローアングルとスタンダード二種類のポジションデザイン、開脚角度は2段階で、最低11.5cmのローアングル撮影ができる 足の裏には滑り止め付いています、色な地面で設置できる
  • スマホホルダー付きのお得セット(写真のスマホ、カメラは付きません) 1/4ネジ穴付き、重量2.5kg以下の軽量設備(スマホ、一眼カメラ、デジカメなど)には対応可能

 

  • 御注意:耐荷重は三脚が支えられる機材の質量です、範囲内の機材は全部快適に操作できるとは限りません。御購入後、何か御不明な点がございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください

 

 

商品ページ


撮影専用スマホ常設でブログ環境が変わる

弊社でも、CHIHEISENN 卓上三脚を利用しています。ちょっと旧式の使わなくなったスマホが、常時セットされていて、商品撮影や、こちらのホットトピックスのコーナーの記事を書いたりするときの写真撮影に利用しています。いつも同じアングル、同じ場所にセットされていますので、撮影したいものを持って行って、パシャリ!

これでいつでも同じ背景、同じ状況の写真が取れますので、作業スピードも上がりますし、とても簡単。写真の画角も統一されるので、商品が良く見えたり、ブログの統一感も出るので、メルカリやブログなどを行う方は、セットして簡易撮影ブースを作っておくととても便利です。おすすめです。